タイトルの通りですが、自分なりにfzfを使ってターミナルでの作業を効率化できたので、メモ。

すごく快適になるので、試してみてほしいです!

fzfを使うと、どのように効率化できるのか?

ターミナル内でのディレクトリの移動が快適にできるようになります。

以下のgifにもある通り、ghqを使うことでリポジトリの移動が快適になります。

どちらかといえば、pecoのほうが人気な気がしますが、Vimとの連携もできるので、Vimを使っている方にもおすすめです。

シンプルにfzfコマンドを実行する

まずは、シンプルにfzfを実行する。

ちなみに、私は以下のデフォルトオプションを設定しています。

export FZF_DEFAULT_OPTS="--height 50% --layout=reverse --border --inline-info --preview 'head -100 {}'"

ghqとfzfを連携する

ghqとfzfを連携して、リポジトリの移動をする。

各種リンク

インストール

GitHubを見るのが良いと思いますが…

一応ね…

macの場合、brewでインストールできます。

brew install fzf

Ubuntuでは、リリースからバイナリをダウンロードして、パスを通して使っています。

まずは、使ってみる

gifにもあったように、fzfを実行してファイルを選択すると、該当のファイル名を受け取れます。

~/go/src/github.com/google/skicka [master=] $ fzf
README.md

GitHubの引用ですが、以下のような感じで利用できます。

フォルダを選択する

find * -type d | fzf

Vimで開く

vim $(fzf)

–heightオプションをつけて実行する

vim $(fzf --height 40%)

–reverseオプションをつけて実行する

vim $(fzf --height 40% --reverse)

デフォルトのオプションを設定する

export FZF_DEFAULT_OPTS='--height 40% --layout=reverse --border'
export FZF_DEFAULT_COMMAND='fd --type f'

Wikiをみる

やりたいことは、Wikiを見れば分かると思います。

ghqとの連携で使っている関数

# fdg - ghq
fdg() {
  local selected
  selected=$(ghq list | fzf)

  if [ "x$selected" != "x" ]; then
    cd $(ghq root)/$selected
  fi
}

Wikiから引用して、私が使っている関数など

# fh - repeat history
fh() {
  eval $( ([ -n "$ZSH_NAME" ] && fc -l 1 || history) | fzf +s --tac | sed 's/ *[0-9]* *//')
}
# fkill - kill process
fkill() {
  local pid
  pid=$(ps -ef | sed 1d | fzf -m | awk '{print $2}')

  if [ "x$pid" != "x" ]
  then
    echo $pid | xargs kill -${1:-9}
  fi
}
# fd - cd to selected directory
fd() {
  local dir
  dir=$(find ${1:-.} -path '*/\.*' -prune \
                  -o -type d -print 2> /dev/null | fzf +m) &&
  cd "$dir"
}
# fda - including hidden directories
fda() {
  local dir
  dir=$(find ${1:-.} -type d 2> /dev/null | fzf +m) && cd "$dir"
}
# fshow - git commit browser
fshow() {
  git log --graph --color=always \
      --format="%C(auto)%h%d %s %C(black)%C(bold)%cr" "$@" |
  fzf --ansi --no-sort --reverse --tiebreak=index --bind=ctrl-s:toggle-sort \
      --bind "ctrl-m:execute:
                (grep -o '[a-f0-9]\{7\}' | head -1 |
                xargs -I % sh -c 'git show --color=always % | less -R') << 'FZF-EOF'
                {}
FZF-EOF"
}
# tm - create new tmux session, or switch to existing one. Works from within tmux too. (@bag-man)
# `tm` will allow you to select your tmux session via fzf.
# `tm irc` will attach to the irc session (if it exists), else it will create it.

tm() {
  [[ -n "$TMUX" ]] && change="switch-client" || change="attach-session"
  if [ $1 ]; then
    tmux $change -t "$1" 2>/dev/null || (tmux new-session -d -s $1 && tmux $change -t "$1"); return
  fi
  session=$(tmux list-sessions -F "#{session_name}" 2>/dev/null | fzf --exit-0) &&  tmux $change -t "$session" || echo "No sessions found."
}

あとがき

pecoもfzfもGo製ってのがいいですね!